Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:ギャングスター ベガス

レビュー:ギャングスター ベガス

動画

プレイガイド

gsvegas_01
ゲーム開始早々、格闘家を廃業する羽目になったジェイソン・マローン(以下、ジェイソン)を操作し、眠らない街「ラスベガス」の裏世界を渡り歩くクライムアクションゲームです。

 

gsvegas_02
画面左下のバーチャルスティックで移動、画面右下のダッシュアイコンでダッシュ及び障害物の乗り越え、攻撃アイコンで装備している武器の使用(素手の場合は格闘攻撃)、カバーアイコンで障害物に身を隠し、ドアアイコンで一番近くの乗り物に乗車・乗船・搭乗します。

 

gsvegas_03
画面左上のミニマップ上部の黄ゲージはリスペクト(経験値)、下部の緑ゲージはヘルス(残り体力)を表しています。ヘルスが尽きると回復費を請求され、リスタート地点に強制移動となります。

 

gsvegas_04
ミッション中に死亡した場合もリスタート地点に強制移動(ミッションを最初もしくは中間ポイントからやり直す事も可能)となるため、どうしてもクリアできない場合はヘルスを回復するヘルスパックや一時的にステータスを強化するブーストといった消費アイテムを使用しましょう。

 

gsvegas_05
ミッションは格闘家を廃業したジェイソンのその後を綴るストーリーミッション、クリア状況次第で評価が変わるチャレンジミッション、ユーザーもしくはギャング(チーム)間で得点を競うイベントミッションがあります。ストーリーミッションとチャレンジミッションはジェイソンのレベルを上げる事で開放されていきます。

 

gsvegas_06
ギャング間のイベントミッションはギャングを結成もしくは既存のギャングに加入していないと参加する事ができません。イベントミッションは挑戦する度にエネルギーゲージ(時間経過もしくはダイヤモンドで回復)を消費します。

 

gsvegas_07
ジェイソンのレベルアップ時に貰えるスキルポイントを各スキルに割り振る事で特定の技能を強化できます。一部の衣類も装備する事でステータスを強化できます。

 

gsvegas_08
消費アイテム以外のアイテムはゲーム内通貨で購入する他に、作業場で作成する事でも入手できます。ショップと違ってレベル2以上のアイテムも作成できますが、ゲーム内で30分経過する度にランダムで表示されるアイテムしか作成できません。アイテムの作成には不要になったアイテムと指定された作成専用素材が必要となります。

 

gsvegas_09
不動産を購入する事でその場所へ瞬間移動できるようになります。購入した不動産は時間経過によりキャッシュを生み出します。

解説

gsvegas_10
2013年6月に配信が開始された、Gameloft版グランド・セフト・オート(以下、GTA)と呼べるクライムアクションゲームです。…何で今更3年も前の作品をレビューするの?と言われそうなので先に説明しておくと、久しぶりにオープンワールドな作品をiPhoneで遊びたいな~と思いまして、iTunesで新規プレイとなる作品を探していたところ、見つけたのが本作だったというわけです。…早い話がSamkazeの気まぐれですよ!無性にオープンワールドな作品が遊びたくなったんだから良いじゃないですか~も~!…と言いつつ、スペックの問題でまともに遊べなかった配信開始当時と比べ、多くの方が余裕を持って推奨環境を満たしている現在の方が遊ぶタイミングとして丁度良いのではないかと考えた次第でもあります。果たして今でも楽しめる魅力があるのか、今回はその辺を重視して紹介していきたいと思います。

 

GTAとは異なる面白さ!
フィールドの大きさだけを見れば、本作は1地区限定のGTAといった感じなので、まず本家となるGTAに勝つ術はありません。もちろん、煌びやかな繁華街や飛行場、高級住宅街、荒野の採掘施設などなど狭いながらもロケーションとしては一通り揃っているため、大きなマイナス要素とも言えないですね。そのような状況でGameloft版GTAが本家に勝る要素…それは「アイテムの豊富さ」でした。飛行機やボート、戦車といったカテゴリーの話ではなく、戦車系統だけで何種類も用意されているという事です。スキルによって特定のカテゴリーのみを強化する事もでき、その点は本家以上のカスタマイズ性を実現していると思います。2丁拳銃に特化したジェイソンも良し、水上バイクが得意なジェイソンも良し、自分がこれだ!と思った武器、乗り物に特化したジェイソンを育成できる自由度こそが本作の大きな魅力と言えますね。
gsvegas_11
フィールドを歩き回るだけでも面白いのはGTA同様です!

 

―中毒性のあるランダム要素!
本作には課金制度があり、つまりは課金しないと入手できないアイテムも数多く存在します。そして、そういったアイテムがある以上、無課金で入手できるアイテムと課金しなければ入手できないアイテムの性能には雲泥の差がある…にはあるのですが、割とそこまで気にならないバランスの良さも本作の魅力だったりします。街中を歩いている(車に乗っていたりもしますが)キャラクターの中にはハイバリューターゲットと呼ばれる存在がおり、倒す事で様々なアイテムを落とします。落とすアイテムはショップで簡単に購入できるものから、200万キャシュもするレーサー(高性能なバイク)、イベント限定かつスリルボックス(所謂、ガチャです)もしくはダイヤモンドで購入するZ-アウェイサブマシンガンといったものまで、当たり外れにかなりの幅があります。スリルボックスや作業台を含め、様々なところにランダム(ギャンブル)要素を仕込んでいるからこそ、本作は課金無課金関係なく、どのような状況、過程でも楽しめるのだと思います。
gsvegas_12
ついついガッツポーズしてしまう、そんな魅力がありますね!

 

強いて残念な点を挙げるとすれば、それは「一度装備した武器種を外せない」事でしょうか。どのような手段であっても入手した武器が自分に合うかどうか一度は試したくなると思いますが、本作は一度装備した武器種を外せない仕様になっているため、試射後使用しない結論に至ったとしても右上の武器選択には存在し続ける(キャラクターを倒した際に満タン状態で使用しない武器の弾薬も落とす)事になります。自分に合う武器種を見つけ、その武器種に特化したジェイソンを作りたくてもそこが足を引っ張り、試射すら許されない状況を作り出している点は残念としか言い様がありません。しかし、現バージョンでもセーブデータの初期化が可能なため、ある程度(ルール含む)確認を取った上で初期化を行い、自分なりの拘りを持って進めていれば、GTA以上に楽しめる作品だと思います。オープンワールド、カスタマイズという単語にピンと来た方はぜひダウンロードしてみて下さい。

アプリ概要

アプリ名:ギャングスター ベガス
ジャンル:アクション、アドベンチャー
開発:Gameloft
価格:無料
対応OS:iOS、Android

ギャングスター ベガスをダウンロード


Android app on Google Play

 



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top