Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:Pokémon GO

レビュー:Pokémon GO

動画

プレイガイド

pokego_01
現実世界のマップに連動して出現するポケモンを捕まえたり、戦わせたりして楽しむゲーム兼ヘルスケア/フィットネスアプリです。

 

pokego_02
Pokémon GOは本作のアカウントとは別にGOOGLE、もしくはポケモントレーナークラブのアカウントを必要とします。プレイ予定のある方は事前にどちらかのアカウントを作成しておきましょう。アカウント連携を済ませ、自身の分身となるトレーナーを作成すれば、晴れてゲーム開始となります。

 

pokego_03
ポケモンは様々な場所で出現します。マップ上にポケモンが出現した場合、そのポケモンをタップする事で捕獲モードに移行します。

 

pokego_04
モンスターボールをポケモンに当てる事で捕獲の判定が行われます。捕獲モードでズリの実を使用すれば、通常時よりポケモンが逃げにくくなります。モンスターボールの投げ方次第で捕獲時に経験値ボーナスが付与される事もあります。

 

pokego_05
マップ上に点在するポケストップ(通常時は青い箱、展開時は青いモンスターボールの見た目)ではモンスターボールやキズ薬、ズリの実といったアイテムを入手する事ができます。アイテムを入手したポケストップは紫色に変化し、5分経過するまでアイテムの再入手ができない状態となります。

 

pokego_06
ポケストップでは稀にタマゴが入手できます。入手したタマゴは孵化装置に入れて一定の距離を歩く事で孵化します。

 

pokego_07
ポケモンを捕獲、もしくは孵化させる事で星の砂とそのポケモンに関連したアメが入手できます。どちらもポケモンの強化と進化に必要なアイテムであり、つまりは同じポケモンを入手する事がポケモン育成の基本とも言えます。

 

pokego_08
トレーナーレベルが5になるとポケストップ同様、マップ上に点在するジムでジムバトルが行えるようになります。自身と同じ色のチームが占拠している場合はジムの強化となるトレーニング、違う色のチームが占拠している場合はそのジムの看板を賭けた真剣勝負が行えます。

 

pokego_09
ジムバトル中はポケモンを左右にスワイプで回避、タップで技1、長押しで技2、画面右下の上下アイコンでポケモンの交代を行います。複数のゲージを持つ技2は最大までゲージを溜めるとそのゲージの数だけ技2を連発する事ができます。

 

pokego_10
どのチームにも属していない、もしくは自身と同じ色のチームが占拠していて、そのジムに空席がある場合は自身のポケモンを配備する事ができます。配備したポケモンは負けるまでそのジムから帰ってきませんが、1日に1回、配備しているポケモンの数によってポケコイン(ゲーム内通貨)を入手する事ができます。

 

pokego_11
様々な経験を積む事でトレーナーレベルが上がります。トレーナーレベルが上がると入手できるアイテムや捕獲できるポケモンのCP(コンバットポイント:ポケモンの強さを一括りにして数値化したもの)も良くなるため、色々な事に挑戦して経験値を集めましょう。

解説

pokego_12
今月の22日に配信が開始された超話題作のPokémon GO。現実世界を舞台にポケモンを楽しめるとあって、連日のようにテレビでも紹介され、数多くの方がダウンロードしたのではないでしょうか。「すでに数多くの方がダウンロードしているなら、レビューする必要なくない?」とSamkazeは若干思ってしまいましたが、それでも紹介したい!…そんな気持ちにさせる力が本作にはありますね。すでにダウンロードしている方がこのレビューを見ても面白味はないかも知れませんが、それでも見てくれる心優しき方に向けて、全力で!本作を紹介していきたいと思います。ちなみに、Samkazeは歩きスマホを控えるため、イヤホンを装着の上、iPhoneの画面を見ずに歩いています。唐突に立ち止まり、周囲を確認し、iPhoneをポケットから取り出して何かしている怪しい人を見掛けても、お巡りさんを呼ばないで下さい。それはSamkazeの可能性が高いです。

 

―まず話しておかないといけない事
本作には課金制度があります。課金アイテムを使用してガチャを回すといった要素はありませんが、代わりにほとんどのアイテムが購入でき、貰える経験値を30分間2倍にする「幸せタマゴ」やポケモンの出現率を30分間UPさせる「お香」などを使用すれば、通常より早くトレーナーレベルを上げる事ができます。トレーナーレベルはCPの上限と関係しているため、つまりは誰よりも早く強いポケモンを入手する有効な手段が「課金」という事になります。…この時点で嫌気が差す方もいるかと思いますが、あくまでこれは「ジムバトルに常時勝ち続けないと気が済まない、ジムバトルを前提として本作を楽しむ」方向けの話です。ポケストップさえあれば、普通に楽しむ上でも必須のモンスターボールや回復アイテムが無料で揃いますし、ルアーモジュールを使ってくれたナイスな方がいれば、誰もが大量出現を味わう事もできます。様々な場所でポケモンを捕獲し、お気に入りのポケモンを見つけ、気長に育てていくというプレイスタイルであれば、課金する必要性を全く感じない、歩き回る事が楽しくて堪らない「安定の」ポケモン作品になるかと思います。
pokego_13
ポケモンの名前を変えられる点が地味に嬉しいですね!

 

―同じポケモンなんて存在しない!?
全てのポケモンは見た目こそ同じでもCPやHP、持っている技などが異なります。技マシンが存在しない現状では思い通りに技を変更する手段もないため、仲間にするタイミング(進化、孵化含む)が所謂ガチャを回す時のようなワクワク感を演出していますね。よく見掛けるポケモンであっても、ステータスや技次第で物凄く強いポケモンに化ける可能性を秘めていますし、出現が稀なポケモンはそれだけで希少価値があり、今後のアップデート(強化の仕様変更やポケモントレード機能の追加など)次第で様々な用途が生まれるかも知れません。目的に多少差異はありますが、どちらも完璧な「ハズレ」には成り得ず、だからこそポケモンを見つける事自体が楽しく、いつまでも夢中になれるのだと思います。…ポケモン最高!!
pokego_14
どちらが良いか悩める事もまた、魅力の1つですね!

 

強いて残念な点を挙げるとすれば、それは「思っていた以上のバグが存在する」事でしょうか。周辺にいるポケモンの中から指定したポケモンとの距離を把握するための足跡マークが機能していない事、バッテリーセーバーをONにした状態で画面の切り替えが頻繁に行われるとタップ操作を受け付けなくなる事、特にこの2点が残念に感じました。どちらもポケモン探しの弊害でしかないため、早い段階で解消される事を期待したいですね。…とはいえ、現時点でも十分にポケモン探しが楽しく、ポケモントレード機能や新ポケモン、ポケモンセンターの追加など魅力的なアップデートが控えている事もあり、今遊ばない手はないと思います!

アプリ概要

アプリ名:Pokémon GO
ジャンル:ゲーム、ヘルスケア/フィットネス
開発:Niantic, Inc.
価格:無料
対応OS:iOS、Android

Pokémon GOをダウンロード


Android app on Google Play

 



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top