Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:しまっちゃうカタルシス『Fold+』

レビュー:しまっちゃうカタルシス『Fold+』

動画

プレイガイド

デザイン性の高いアプリを開発していることで定評のあるフランスのデベロッパーBulkypixの新作パズル。同社の「Fold」というパズルの続編にあたります。

 

クリア条件はシンプル。一本に繋がっているカラーバーの矢印部分をタップすると、

 

このように矢印方向へ縮んでいきます。縮んだバーが最終的に一つの小さなボックスとなればステージクリアです。

 

例えばこういう配置の場合、このまま緑のバーをタップするとボックスが最終的に2個になってしまいます。

 

なので、緑のバーと繋がっている青いバーをタップすることで、上下をガチンと繋げます。これでOK。

 

一見繋がらなさそうなステージも、正しい順序で引っ張っていけば必ず一つのボックスに納めることが出来ます。整理整頓、しまっちゃう楽しみが魅力のパズルです。

 

時間泥棒の名に相応しいハイクオリティなパズル性

想像通りにはいかない、というのがこのパズルの面白いところ。最終的に全てのバーを繋げて一つのボックスにすればOKなんですが、いったん縮めてから繋げたり、あえて繋げなかったりというパターンも当然でてきます。まさに得意な人は得意、というジャンルです。

 

ボックスが一つにまとまらなかったり、バーが画面外まで伸びたりするとゲームオーバー。左上のアイコンからいつでもリトライできるため、エラーアンドトライは非常にスピーディです。

また、パズル性もさることながらエフェクトの気持ち良さもプレイの面白さをアップさせてくれています。ボックスが縮む時の揺れやSE、ぶつかるときの反動などが心地良いですね。タンスを引いたような音がします。

 

基本動作である縮める動作以外にも、タップした地点から無限に伸びるボックスなどの新要素もだんだん増えてきます。

 

こういう配置はわかりやすいですね。青バーで上下を縮めて、緑バーで間を繋げるパターンです。定番手順をパターン化して認識できるようになると解法までグっと近づくと思います。

 

ゲーム開始時には5つのエリアを選ぶことができ、それぞれでメインとなるギミックが異なっています。特定のエリアをクリアせずともプレイできるので、今プレイしてるステージに飽きたら気分転換に冷やかしてみるのも一興です。

 

「Paint it Black」では、最終的に全てのボックスを黒に染めるとクリアとなります。ちょっと特殊な条件ですが、一つのボックスに納めるという部分は同じ。どの段階で黒化させるかがコツとなります。

前作「Fold」の人気と面白さを裏切らない、非常にハイクオリティなパズルに仕上がっていると感じました。プレイ時のフィードバックが気持ち良いのでつい続けてしまいたくなりますね。

歯ごたえのある頭の体操が好きな人にはぜひオススメな一作です。

アプリ概要

アプリ名:Fold+
ジャンル:パズル
開発:Bulkypix
価格:¥240
対応OS:iOS

Fold+

download_app1



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top