Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:MOBIUS FINAL FANTASY

レビュー:MOBIUS FINAL FANTASY

動画

プレイガイド

mobiusff_01
予言に謳われる光の戦士と同じ名を持つ主人公を操作し、異世界パラミティアを渡り歩くロールプレイングゲームです。

 

mobiusff_02
物語の本筋を辿るメインリージョン、それぞれ独立した物語が展開される探索リージョン、アビリティカードのレベルアップやクラスチェンジの素材集めに欠かせないボーナスリージョンなどから好きなリージョンを選択して冒険する事ができます。

 

mobiusff_03
リージョン内では踏破していないエリアに移動し、そこで行われるバトルに勝利する事で物語が進展します。踏破済みであり、ランドマークが一回り大きなエリアへはテレポ(第1章の途中から使えるようになる瞬間移動魔法)を使う事で即座に移動できます。

 

mobiusff_04
バトルはラウンド制になっており、全てのモンスターを倒した時点でエリア踏破となります。バトル画面の詳細は以下の通りです。

①バトルスコア
バトルスコアは与・被ダメージを基に計算される得点機能で、週毎のプレイヤーランクを決定します。ランキング次第では豪華な報酬を得る事もできます。

②所持エレメント
画面中央をタップする事で通常攻撃を行います。通常攻撃を行う事で自身のジョブに合ったエレメントが出現し、使用可能となったエレメントがここに表示されます。

③アビリティスロット
デッキにセットしたアビリティカードと他のプレイヤーからレンタルしたアビリティカードが表示されています。所持エレメントから各アビリティカードに必要なエレメントを消費する事で効果が発動します。

④モンスターステータス
モンスターのHP・ブレイクゲージ・状態を表示しています。HPは通常攻撃・アビリティ・必殺技のどれでも減らす事ができますが、ブレイクゲージを0にしない限り防御力の影響を受けます。ブレイクゲージを0にする事でモンスターはブレイク状態となり、大ダメージが見込めるだけでなく一定ターン行動不能になります。

⑤プレイヤーステータス
プレイヤーのHP・必殺技ゲージ・状態・行動可能回数・エレメントリングを表示しています。必殺技は通常攻撃やアビリティの発動、エレメントドライブ(エレメントを直接使って属性耐性を上げたり、HPを回復する手段)を行い、必殺技ゲージを満タンにする事で発動可能となる大技です。エレメントリングはエレメントの出現比率を円グラフで表示したもので、エレメントドライブを行えばその比率を変化させる事ができます。通常攻撃もアビリティの発動もエレメントドライブも行動回数が1消費され、行動可能回数が0になればモンスターのターンとなります。

⑥ジョブチェンジボタン
第4章プロローグの途中から使用可能となるデッキ切り替え機能です。バトル開始時に表示されているデッキをメイン、このボタンで切り替われるデッキをサブとして設定できます。ただし、いつでも切り替えられるというわけではなく、通常切り替えには4ターン(プレイヤーのターン→モンスターのターンで1ターン経過)の待機時間を必要とします。

 

mobiusff_05
デッキは1つのジョブと、そのジョブと相性の良いアビリティカードを4つまでセットする事ができます。ジョブのレベルはセットしたアビリティカードのレベルの合計であり、この数値が高ければ高いほどHPや攻撃力といったステータスが良くなります。この他にジョブ毎のスキルパネルを開放する事でもステータスが強化できます。

 

mobiusff_06
アビリティカードのレベルはアビリティカードをバトルに持ち込むだけで上がっていきますが、アビリティカード自体の性能は「アビリティレベル」を上げない限り強くなりません。アビリティレベルは同名のアビリティを持つアビリティカードを合成する事で上がります。アビリティカードのクラスチェンジを行えば、アビリティレベルの上限を上げる事も可能です。

 

mobiusff_07
アビリティカードは通常の効果と別に追加の特殊効果(エキスパンドスキル)が付いています。ただし、特定の条件(アビリティレベル~以上で~回使用するなど)を達成しない限り半透明の状態で機能しません。アビリティカードに固定されているエキスパンドスキルと異なり、自分好みの特殊効果(オートアビリティ)を追加する事も可能です。

解説

mobiusff_08
ファイナルファンタジーのナンバリングタイトルを手掛けた開発チームが贈る、圧倒的なグラフィッククオリティが自慢のロールプレイングゲームとなります。その謳い文句に偽りはなく、インフィニティブレードをプレイしていた時のような「据置機と見間違えるほどの高精細なグラフィック」とファイナルファンタジー特有の戦闘(シリーズ作品が増える度に何かしら戦闘システムが変わるという意味において)が味わえる作品として、スマートフォンを持っているなら一度はプレイしておかないと勿体ない!…と言わせる力がありますね。6月4日を以て1周年となる今、再確認の意味も込めて本作を紹介していきたいと思います。

 

―グラフィックだけじゃない!
本作は基本的にエリア移動→バトル→エリア移動→バトルといった「バトルを繰り返し行う」作品であるため、グラフィックだけしか取り柄がなければ早々にアンインストールしていた事でしょう。インフィニティブレードのようなスワイプアクションのバトルだったとしても、二番煎じなので同様にアンインストールしていたと思います。…そこで重要になってくるのが本作の「コマンドバトル」です。インフィニティブレードと違って敵はリアルタイムに襲ってきませんが、全ラウンドを終えるまでエレメントが引き継がれる関係上、エレメント管理が終始重要であり、つまりは通常攻撃含め無駄なコマンドが一切なく、コマンドを1つ間違えただけで死に直結するシビアさを本作は持ち合わせています。しかし、コマンド次第で有利にも不利にもなるからこそコマンドバトルは戦略性があり、それを「据置機と見間違えるほどの高精細なグラフィック」で楽しめるのですから、面白くないわけがありませんね。
mobiusff_09
バトルが面白いからこそ、デッキ構築もまた面白い!

 

―ゲームバランスリブート!
1年の節目という事もあり、本作は1周年記念に先駆けて大規模なルール改正を行っています。カードボックス・倉庫の大幅な増設、リバイバルチケット(入手済みのアビリティカードを再入手するためのアイテム)の用途と入手方法の追加、エキスパンドスキルの覚醒条件の緩和、他のプレイヤーを気にせずマルチプレイで練習・本番が可能になる、クラスチェンジ後のシード覚醒状態(これが最大でないと更なるクラスチェンジができない)が引き継がれる、デイリーミッションのジョブ制限廃止、リージョン選択の項目化などなど今まで歯痒く感じた部分が多く変更され、今までプレイしてきた方もこれからプレイされる方もかなり快適な環境で楽しめるようになったと思います。6月には1周年を記念したイベントが大々的に行われ、7月にはファイナルファンタジーXIIIのコラボイベント、8月には大きなイベントとジョブバランスリブートが控えており、当分は目の離せない状態が続くのではないでしょうか。
mobiusff_10
イベントの度に新ジョブ・アビリティカードが気になって仕方ないですね!

 

強いて残念な点を挙げるとすれば、それは「グロウスターの入手が依然として厳しい」事でしょうか。グロウスターはアビリティカードを星3から星4にクラスチェンジするための素材ですが、どんなに頑張っても月に2~3枚しか入手できないため、星3から星4へのクラスチェンジは月に一度しか行えず、複数のアビリティカードをクラスチェンジしたくても「これは絶対にクラスチェンジしておいた方が良い」と思う1枚だけしかクラスチェンジできないのが現状です。そこはデッキ構築の面白さに拍車が掛かるような、月に2~3枚クラスチェンジできる環境があっても良かったのではないかと思いますね。…とはいえ、1つの作品としてゲーム内容・グラフィック共に十分な魅力を放つだけでなく、イベントもてんこ盛りなこのタイミングで本作をプレイしてみるのは如何でしょうか。

アプリ概要

アプリ名:MOBIUS FINAL FANTASY
ジャンル:ロールプレイング
開発:SQUARE ENIX INC
価格:無料
対応OS:iOS、Android

MOBIUS FINAL FANTASYをダウンロード


Android app on Google Play

 



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top