Home > 特集・攻略 > 攻略 > Samkazeのテラリア攻略日記~1日目~

Samkazeのテラリア攻略日記~1日目~

 テラリア初心者のSamkazeが贈る、テラリア攻略日記となります。初心者なりに色々な事を経験しながら攻略していくため、熟練者からすれば「そうかな?」と思う内容があるかも知れませんが、総じて温かい目で見て頂ければ幸いです。1日目となる今回はキャラクター作成から初めての地下探検までを豆知識も織り交ぜつつ紹介したいと思います。それではさっそく始めていきましょう。ワ~パチパチ。

 

キャラクターの作成

terrariaguide_01
ゲームを開始する前にやらなくてはいけない事の1つ目が「キャラクターの作成」となります。キャラクターの作成で変更できる項目は性別・肌の色・髪型・髪の色・眼の色・シャツの色・肌着の色・ズボンの色・靴の色の9つです。なぜか肌着の色を変更してもキャラクターの見た目に変化がありませんが、実際にゲームを開始すると腕の部分がその色に変更されるため、シャツの色→ベストの色、肌着の色→シャツの色と考えた方が良いかも知れませんね。現バージョンではスタイリスト(髪型や髪の色を変更してくれるNPC)が存在しないようなので、お気に入りのキャラクターが完成するまで徹底的に行う事をお薦めします。名前を入力する際、半角英数かつキーボード入力でないと上手く入力できない点も注意して下さい。

 

ワールドの作成

terrariaguide_02
ゲームを開始する前にやらなくてはいけない事の2つ目が「ワールドの作成」となります。テラリアはマインクラフトと違い、所持・装備しているアイテムはキャラクターに、建築した家や環境の状況、チェストに保管しているアイテムはワールドに保存されます。つまり、キャラクター経由でワールド間のアイテム移動が可能となっており、それを駆使するorしないで攻略難易度に大きな差が生まれます。キャラクターは1人で十分ですが、ワールドはアイテムの保管やボスの討伐を行うメインワールドと、主に木材を調達するサブワールド(木がなくなり次第何度も作り変えるワールド)の2つを用意すると良いでしょう。これだけで序盤から難なく家の建築が行えると思います。

 

家を建築しよう!

terrariaguide_03
プレイガイドでも説明した通り、ゲーム開始直後から会えるガイドの他にも様々なNPCが存在します。NPCは特定の条件を満たす事で出現しますが、家がないとその辺をウロウロするだけなので死亡する可能性が高いです。それを防ぐために必要なもの…それが「家」となります。アイテムの保管場所としても、クラフティングを行う作業場としても、モンスターが出現しないセーフハウスとしても、メインワールドに最低1軒は建築しておきたいですね。ベッドを家の中に設置して使用するとキャラクター死亡時の復活地点をそこに変更できますが、元々の復活地点(ゲーム開始直後の場所)周辺に家を建築していれば無理にベッドを作成する必要はないと思います。ちなみに、マインクラフトと違って夜を越す機能はありません。

 

まず、出現中のNPCを家に招き入れる条件なんですが…
・部屋の囲いを縦6ブロック以上、横10ブロック以上にする
・木の壁などで背景をしっかり埋める(窓用の穴が開いていてもOK)
・テーブルとイス(設置時の向きはキャラクターの向きに依存)を設置する
・松明などの照明を用意する
になります。

 

これはあくまでNPC「1人分」の条件なので、NPCが増える度にこの条件を満たす部屋が必要になるわけです。そのため、上へ上へと追加していくマンションタイプが家の基本形になるかと思います。まずはガイドを含め、NPCが2人収容できる家を建築してみましょう。ハンマー(壁を壊したり半ブロックを作成する道具)やテーブル、イスなどは作業場としてワークベンチを必要とするため、家を建築する場所が決まり次第、近くに設置すると良いでしょう。クラフティング自体は持ち物メニュー左上のアイコンから作成したいアイテムを選択して行います。松明の材料となるジェルはスライム系のモンスターが落とします。
terrariaguide_04
完成した家はこんな感じ(圧迫感があったので高さは1ブロック追加しています)

 

家の周辺を探索してみよう

terrariaguide_05
何の装備も技術もなく地下へ突入する事は自殺行為でしかありません。まずは家の周辺を探索するところから始めましょう。敵の攻撃に備えて木の防具を装備しておけば、多少安心感が出ると思います。元の場所に戻れないほどの高さから転落した場合、わざとモンスターの攻撃を受けるなどして死亡する事も帰還方法の1つとして覚えておいて下さい。ただし、その際に所持コインの半分を落としてしまうので、ある程度貯まったらチェストに預けておくといった事を日頃から心掛けておくと良いでしょう。宝箱を見つけた際に中身だけでなくその宝箱自体も回収しておけば、家のチェストとして使えるだけでなく回収済みの宝箱を再確認する手間もなくなり、一石二鳥と言えます。最低1個は宝箱を見つけた(大抵は地下への入口かトンネル、大きめの窪みにあります)ところで、次の工程に進みましょう。

 

初めての地下探検!

terrariaguide_06
とうとうやってきました地下探検の時間です。とはいえ1つ前の状況とさほど変化がないため、最初は必ず通常の(ジャングルや邪悪な大地といった環境ではない)地下を探検するようにしましょう。地下は真っ暗かつ縦に延びている事もあるので、松明と木の足場は常備しておいて下さい。高い位置に鉱石がある場合や大きな穴を飛び越えたい場合、即座に木の足場を使用するのではなくその辺の土ブロックを積み上げるなど、利用できるものは何でも利用するやり方が探検に欠かせない基本技術と言えるかも知れませんね。鉱石は地面の中であっても淡く光っているので、見つける事自体は容易だと思います。しかし、ワールドによって生成されない鉱石(環境やアイテムも…)が多々あるため、特に鉄鉱石が存在しない場合は是が非でもサブワールドから入手しておいて下さい。

 

ワールドに生成される鉱石の対応一覧
銅鉱石or錫鉱石
鉄鉱石or鉛鉱石
銀鉱石orタングステン鉱石
金鉱石orプラチナ鉱石
※これらは必ずどちらか一方しか生成されませんが、宝箱に生成されなかった方の鉱石(もしくはインゴット)が入っている場合もあります。ちなみに、邪悪な大地や真紅の大地もどちらか一方しか生成されず、それらに縁のあるボス・アイテムも出現しなくなります。

 

鉱石をインゴットに変える釜戸の素材「石ブロックx20」とインゴットを武器や防具に変える鉄の金床の素材「鉄のインゴット(鉄鉱石から生成)x5」の入手を目標に、まずは初めての地下探検を大いに楽しんで頂ければと思います。次回はSamkazeお薦めの道具や武器、それらを入手するための手順を中心に紹介したいと思います。

 

テラリア 開発: Spike-Chunsoft CO, LTD. ¥500

関連記事:
レビュー:テラリア

 

アプリダウンロード

 

テラリアをダウンロード



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top