Home > 特集・攻略 > 攻略 > Radiation Island サバイバルガイドその弐

Radiation Island サバイバルガイドその弐

 前回のサバイバルガイドから早数日…みなさまはリバーアイランドの生活に慣れましたでしょうか?私が初めてプレイした時は拠点の用途を知る前に狼の襲撃で息絶え、寝る事を知らずに夜を迎えて凍死地獄を味わうなど、それはそれは散々な経験をしたものです。…苦い思い出はさておき、2回目となる今回は前回の最後にお伝えした通り、1つ目のテスラタワーを攻略しに行きたいと思います。もちろんその後で敵の紹介も少しばかり行いますが、まずはテスラタワーをちゃちゃっと攻略してしまいましょう。それではレッツサバイブ!!

 

 

テスラタワー攻略への道

radiationis2_01
一番近いテスラタワーと言ってもその道のりは決して易しくありません。主要拠点周辺と違い、狼の大群や熊に襲われる事だってあるからです。そのような状況に陥っても慌てない冷静さと、万全の装備を持ってテスラタワー攻略に臨みたいですね。今回、私が用意した所持品は以下の通りとなっています。

 

radiationis2_02
すでにバックパックを最大まで拡張しているため空きスペースが目立ちますが、実際はこれでも満タンに近い状態だと思います。今の防具より強い防具を見つけたら取り替える、食糧はその場で食べるなどしてなるべく荷物を増やさないよう心掛けましょう。弓は終盤に必ず使用するため、それまではブーメランとスリングショットだけで乗り切って下さい。それでは攻略スタートです!!

 

 

 

radiationis2_03
まずは主要拠点から一番近い民家より街道沿いに南へ進みます。

radiationis2_04
道中至る所で見つかる硫黄と鉛の鉱石は必ず採掘するようにして下さい。民家が数件建ち並んでいる場所まで来ると街道が二手に分かれています。一通り民家を探索し終えたら右の街道を進みましょう。

radiationis2_05
道なりに進んでいけば中継地点となる拠点に到着です。ここで一度主要拠点に戻り、所持品を整理しておくと良いでしょう。拠点の奥に見える湖が目的地周辺となります。

radiationis2_06
湖の中央に浮かぶ島へ繋がる橋を渡れば、テスラタワーの防衛ラインへ足を踏み入れた事になります。以降にゲームを終了すると倒した難敵が復活してしまうため、テスラタワーを停止させるまではゲームを終了しないようにして下さい。

radiationis2_07
テスラタワーの位置的には目前の山を越えた方が近道となりますが、機動力のある日本兵ゾンビとマウンテンライオンが山中を徘徊しているため、遠回りでも右側から海岸沿いに回り込んだ方が無難と言えます。

radiationis2_08
右側に回り込んですぐ小作人ゾンビの大群と鉢合わせますが、距離を取りつつスリングショットで1体ずつ確実に倒していけば難しい相手ではないと思います。少し進むとマウンテンライオンの縄張りに入るため、落ち着いて弓を装備し、相手の奇襲に備えましょう。余程外さない限り、持って来た矢の本数で足りるはずです。

radiationis2_09
とうとうテスラタワーに到着しましたが、最後の番人と言わんばかりに狂った科学者が待ち構えています。こちらと同じく遠距離攻撃を仕掛けてきますが、左右にスライドしながらのスリングショットで一方的に倒せると思います。ボス…というわけではなかったようです。この辺りまで来ると放射能の影響を受けるため、放射線防護スーツは必ず装備して下さい。

radiationis2_10
テスラタワーの足元にある端末から停止コードを入力すればミッションコンプリートです。停止させた報酬として3つのチェストが出現するため、ありがたく中身を頂戴しておきましょう。次のテスラタワーの停止コードも回収しつつ、トラベルポイントから主要拠点に帰還となります。

 

 

リバーアイランドに生息?する敵の紹介

ここからはサバイバルガイドのおまけ部分となります。基本的に私の体験談が元になっているので間違った内容があるかも知れませんが、その点はご容赦願います。それでは紹介スタートです!!

 

ウサギ
radiationis2_11
こちらを攻撃してこない野生動物その1。倒せば肉を落とします。日本兵ゾンビなどに追われて長い距離を逃げ回り、その過程でこちらを発見させてしまう事が稀にあります。動物アイコンには注意しましょう。

 


radiationis2_12
こちらを攻撃してこない野生動物その2。思った以上に毛を落としません。石が欲しい時に近寄ったら羊だったという事が稀にあります。動物アイコンには注意しましょう。

 


radiationis2_13
多くの方が最初に遭遇する「攻撃してくる敵」。皮の調達に使えます。どこまで行っても警戒ランプが消えず、それでいて近付いてくる気配もない場合は十中八九こいつの仕業です。

 

マウンテンライオン
radiationis2_14
機動力を活かしてすぐ間合いに入ってくる厄介な野生動物。圧倒的に狼より強いですが、ドロップアイテムは狼とほぼ同じで割に合いません。それでいて基本集団…鬼です。カラーバリエーションが2通りあってもドロップアイテムは同じ…鬼です。

 


radiationis2_15
攻撃を受けると簡単に骨折してしまい、移動が面倒になる厄介な野生動物その1。野生動物の中では最高の耐久値を誇りますが、高確率で落とす熊の毛皮が皮4枚に交換できるため、割と重宝します。場所によってはご家族でいる事も…。

 

ワニ
radiationis2_16
攻撃を受けると簡単に骨折してしまい、移動が面倒になる厄介な野生動物その2。水辺でのみ遭遇します。陸地では遠距離武器の的でしかないですが、水中の移動速度は常時マウンテンライオンの最高速並みで大変危険です。川や湖を泳いで渡る場合は近くにワニがいないか確認しましょう。

 

小作人ゾンビ
radiationis2_17
ゾンビと言えばコレ、的な容姿の元小作人。工業用ツールや繊維、クリスタルといった便利なアイテムを落とすため、出会ったら必ず倒しておきたい相手No.1。全身が黒く、少し大きくなったバージョンも存在しますが、なぜか耐久値は下がっている模様。…ハッタリか。

 

小作人ゾンビ(爆発物所持Ver.)
radiationis2_18
笠を被って小作人らしさをアピールしたゾンビ。鉱石系のアイテムを落とします。胴体に爆発物を仕込んでいるらしく夜は真っ赤に光ります。ちなみに、Samkazeは爆発したところを見た事がありません。…ハッタリか?

 

日本兵ゾンビ
radiationis2_19
ゾンビの中では足が速めで刀による攻撃も痛い元日本兵。本人が装備している刀の他、銃やその銃弾も落とす人間武器庫です。地味に防具も落とすため、報酬面は小作人ゾンビの次に嬉しい存在だったりします。ただし、全身が赤黒いバージョンはゲーム中屈指の強さを誇るため注意が必要です。

 

狂った科学者
radiationis2_20
左右に体を振りながら近付いてくる近接タイプと遠くから放射能弾を撃ってくる遠距離タイプが存在する元科学者。攻撃によって感染症を引き起こす場合がありますが、回復手段の医療キットや抗ウイルス薬を高確率で落としてくれる優しい一面もあります。顔はマスクで見えませんが、きっと優しい顔をしています。

 

囚人ゾンビ
radiationis2_21
四足歩行により物凄い速さで近寄ってくる元囚人。狂った科学者同様、攻撃によって感染症を引き起こす場合がありますが、回復手段の抗ウイルス薬を高確率で落としてくれる優しい一面もあります。きっと優しい顔をしています。

 

 

 

以上で今回のサバイバルガイドは終了となります。この情報を糧としてリバーアイランドの生活を満喫して頂けたら幸いです。ここまでお付き合い下さいまして本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…次回はブーメラン、スリングショット、弓に続く遠距離武器「銃」とリバーアイランドの第二、第三エリアの情報を紹介していきたいと思います。サバイバルガイドはまだ続きますよ!!

 

Radiation Island 開発: Atypical Games ¥300

関連記事:
レビュー:緊張感に満ちたサバイバル生活を『Radiation Island』
Radiation Island サバイバルガイドその壱

 

アプリダウンロード

 

Radiation Islandをダウンロード

 



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top