Home > レビュー記事 > レビュー > レビュー:Minecraft – Pocket Edition

レビュー:Minecraft – Pocket Edition


アプリ概要

Minecraft - Pocket Edition
minecraftpe
開発   :Mojang
ジャンル :アドベンチャー
対応機種 :ユニバーサル
日本語対応:X
レビューしたVer :0.9.0
レビュー時の価格:¥700
レビュワー   :Samkaze

動画

プレイガイド

minecraftpe_01
立方体のブロックで構成された広大な世界を舞台に、家を建てたり探索したりして楽しむサンドボックスゲームです。

 

minecraftpe_02
すでに作成済みのワールドがある場合はこの画面からワールドを選択します。まだ作っていないor新たに作る場合は右上のニューボタンからワールドの作成を行います。

 

minecraftpe_03
好みのワールド名とサバイバルorクリエイティブモードを決めたら、右下のクリエイトワールドボタンを押して作成開始です。

 

minecraftpe_04
ワールドの横幅が256x256ブロックで固定のオールドタイプやどこまで行っても平面な地表しかないフラットタイプ、シード値を自分で決めたい場合は右上のアドバンスドボタンを押してからワールドの作成を行います。ちなみに、アドバンスドボタンを押さない場合はインフィニット(ワールドの横幅に制限がない)タイプ固定でシード値はランダムになります。

 

minecraftpe_05
どちらのモードでも左下に移動ボタン、中央下にアイテム・ブロックのショートカットボタンが表示され、ショートカットボタン右端のアイコンから表示するアイテム・ブロックの選択が行えます。

 

minecraftpe_06
サバイバルモードでは夜や洞窟などの暗い場所でモンスターに襲われる事もあります。ダメージを受けて体力が0になると、所持アイテム・ブロックをその場に放出して特定の場所から再スタートとなります。

 

minecraftpe_07
体力やアイテム・ブロックの所持数を気にする事なく、空も自由に飛べるのがクリエイティブモードとなります。ワールド作成後のモード変更ができないため、どちらで遊びたいかはワールド作成前に必ず決めておきましょう。

 

解説

minecraftpe_08
立方体のブロックで構成された世界を自由気ままに生活して楽しむサンドボックスゲームとなります。iOSアプリとして2011年11月17日に配信が開始されて以来、有料アプリながら全世界のダウンロード数が2,100万を突破したとても知名度の高い作品ですね。ただ、似た作品のSurvivalcraftが配信された当初は、PC版とは程遠い内容かつSurvivalcraftの方がPC版に近かった事もあって「何で本家が負けてるんだろ…」と、とても残念な思いをしたものです。しかし、とうとう今年の7月10日に大幅な変更を加えられたバージョン0.9.0の配信が開始され、携帯機ながらPC版にかなり近い内容へと進化を遂げました。配信開始からすでに2年以上経過している作品でもあるため、細かい部分は省略させてもらいますが、今回はバージョン0.9.0で改善された内容のうち「無限世界」「洞窟」「バイオーム」を重視して紹介していきたいと思います。

 

―箱庭から無限世界へ
今までのバージョンではワールドの横幅が256x256ブロックで固定されており、端から端まで移動するのに2分もかからない小さな世界でした。今回のバージョンから追加されたインフィニットタイプは歩き回れば回るほど新たな地形が生成されていく仕様なので、それこそ無限に広がる世界を楽しめるようになっています。もちろん、ワールドが大きくなれば自ずと容量も大きくなってしまいますが、地上・地下合わせて数時間歩き回っても2e+01(計算が正しければ20)MBしか消費しないため、iPhoneであっても本体の容量を気にせずプレイする事ができると思います。場所によって動作が遅くなったり、地形生成に時間がかかったりもしますが、それらの難点が霞むほど冒険し甲斐のある広大な世界がそこにはありますね。今回から地形生成のアルゴリズムも変更されているため、前バージョンでお世話になったワールドのシード値を入力しても同じワールドは生成されません。過去のワールドに思い入れがあったとしても、そこは妥協して新天地探しから楽しむと良いでしょう。
minecraftpe_09
新旧同じシード値でこの有り様ですが、だからこその再出発を楽しみたいですね!

 

―地下に広がる洞窟という名のダンジョン
バージョンアップにより広がりを見せるのは何も地上だけではありません。地下は地下で大きな魅力を秘めています。今までのバージョンでも起伏の激しいワールドでは「多少奥行のある穴」が生成される事もありました。しかし、結局は少し進んだだけで行き止まりとなる「ただの穴」なので、そこに面白味は感じられませんでした。今回のバージョンから生成されるようになった洞窟は上下左右迷路のように入り組んでおり、幻想的な湖や灼熱の溶岩湖、スポーンブロックが配置された宝部屋を内包した、まさにダンジョンと呼べる代物になっています。地上を歩き回り、洞窟の入口を発見したら探索し、手に入れたアイテム・ブロックで武器を作ったり家を改築したりする、アクションRPGさながらの内容に心躍る事間違い無しです。
minecraftpe_10
眠れるダンジョンがあなたを待っています

 

―地下の魅力と地上の魅力
洞窟=ダンジョンを探索し続けるのも面白いですが、地上を歩き回るのも1つの楽しみかも知れません。今までのバージョンでも起伏の激しいところはそれだけで山登り気分を味わう事ができましたが、今作はバイオームの追加によりただ起伏が激しいだけでなく、それぞれに応じた種類の木であったり草の色であったり、その風景を楽しむ事ができるようになりました。木々の生い茂るジャングルや天高く聳える山岳地帯、あり得ないほど成長したキノコ、ハゲ頭だらけの村など、たとえPC版のネザーやジ・エンドといった別次元が存在しなくとも、十分に満喫できる世界が生成されると思います。地下は地下の、地上は地上の魅力に溢れ、ワールドは広がり続ける…これが面白くないわけありませんね。
minecraftpe_11
生態系に富んだ世界を堪能しよう!!

 

少し前まではこの作品の感想を述べるに当たり、まず「PC版に比べたら…」と言っていたと思います。しかし、今回のバージョンアップでその言葉が不要になったと断言できるほど、十分楽しめる作品に仕上がった感じがしました。空腹メーターなどPC版から追加できそうな要素もまだまだ残っていますが、一先ず「ゲームとしてとても楽しめる」作品になった事は間違いないですね。バージョンが上がる度に気になっていた方やマインクラフトに興味のある方は、このタイミングでダウンロードしてみてはいかがでしょうか。何時間でも遊べる世界があなたを待っていますよ!!

 

レビューまとめ

+ポイント

オールドタイプを除き、ワールドの横幅が256x256ブロック固定ではない
ワールド作成時に洞窟(とそれに付随する空間)が生成されるようになった
バイオームの追加により地上の風景が味わい深いものになった

-ポイント

地形が生成されるまでに時間のかかる場所がある
ワールドを広げ過ぎると動作が重くなる

評価点:  89/100

英語圏主要メディアのレビュー点数

75:Slide To Play
70:Pocket Gamer
70:Touch Arcade
60:AppSpy
50:148Apps

カスタマー評価

80:AppStore(US)
80:AppStore(GB)
90:AppStore(JP)

アプリダウンロード


Minecraft - Pocket Editionをダウンロード





Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top