Home > レビュー記事 > プレビュー > プレビュー:レミュオールの錬金術師

プレビュー:レミュオールの錬金術師

OTOMURA SOFTが7月22日にリリースを予定しているシミュレーションゲーム、レミュオールの錬金術師のプレビューです。

s_remyurenkin01

 

レミュオールの錬金術師
アプリ概要
リリース予定日:2013年7月22日
予定価格:¥250
日本語対応
ガラケー、DS、Androidからの移植
速度調節機能
GameCenter対応

レミュオール地区に住まう錬金術師のティコとその弟子ルヴェルが、多額の借金を返済すべくティコ魔法堂というお店を開業するところから、このゲームは始まります。お店には商品と呼べるものが一切存在しないので、イシュワルド市場やレトレト牧場へ足を運んだり、冒険者に様々な場所を探索させたりしながら商品を調達し、お店で売って利益を出していく事になります。
s_remyurenkin02

 

お店は8:00から開店準備に入り、商品を整理したり掃除を済ませた後、10:00に開店となります。開店中は剣士や魔法使いなど様々なお客が来店し、その時の需要・客層・店の人気具合によって、お店が閉店する18:00まで商品を購入していってくれます。開店中に品切れを起こしてしまったとしても、イシュワルド市場は15:00まで、レトレト牧場は19:00まで営業しているので、緊急の買い足しも可能です。イシュワルド市場は特定の日にちで取り扱う商品が変わるので、その日を狙って大量に仕入れるのも1つの手です。
s_remyurenkin03

 

1日の終わりに売上高や来客数の結果を確認でき、経験値を貰う事ができます。経験値が一定量貯まる事でティコがレベルアップし、HP・名声・技術が上昇します。HPは商品加工や掃除の際に消費される数値、名声はお客の集まりやすさ、技術は商品加工に影響を与えます。HPは1日ごとに少量回復し、それ以外にも弟子の厚意や薬草などの回復アイテムを使用する事で回復します。
s_remyurenkin04

 

一般客と違い、犬と猫(このゲームを開発したサークル)のオリジナルキャラクターが来店してくる場合もあります。閉店後に残ってしまった商品を購入しくれるキャラクターもいれば、ただ世間話だけして去っていくキャラクターもいます。更にはミニゲームを持ちかけてくるキャラクターも存在し、ミニゲームを成功させるとティコのステータスが上昇したり、特別な商品を手に入れる事ができます。
s_remyurenkin05

 

オリジナルキャラクターの中でもフィルとシオの2人のみ、探索依頼を出す事ができます。それぞれのレベルや探索する場所によって異なる依頼金額を提示され、依頼した場合は1日経過した後、商品となるものを携えて帰ってきます。持ち帰ってきたものはその場所に関連したものが多く、依頼金額以上の価値がある場合もあります。結局は運なので、ギャンブル気分で楽しんだ方が良いかも知れません。
s_remyurenkin06

 

商品を置ける棚や在庫として所持できる個数には限度があり、最初から複数の商品を大量に仕入れて大量に捌くといった事はできません。ドボック建築に倉庫の拡張や増築を依頼すれば、それらの上限を増やしてもらう事もできるので、お金に余裕が出てきたら上限を増やしてバンバン商品を売りましょう。
s_remyurenkin07

 

ゲームの根本としては商品を陳列するアニメーションやフィールド移動といったものがなく、ただ商品名や様々な数値と睨めっこしてお店を切り盛りするだけなので、素っ気ない印象を受けます。ただ、商品の種類が加工品を含め360種と多く、それぞれに特徴となる文章も掲載されているので集める面白さがあり、逆にそこは根本のシンプルさと合っている気がしました。更にはキャラクター1人1人に存在感があり、世間話やミニゲームが絶妙なタイミングで発生するので、長く遊んでいても飽きません。どちらかというと、遊ぶ前は微妙と感じてしまうかも知れませんが、やればやるほどジワジワと面白さを実感できる作品だと思います。

関連記事:
レミュオールの錬金術師:iOS版は7月22日リリース

文章:Samkaze



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top