Home > レビュー記事 > プレビュー > プレビュー:Overkill 2

プレビュー:Overkill 2

Craneballs Studiosが4月4日にリリースを予定しているガンシューティング、Overkill 2のプレビューです。

 

 

Overkill 2
アプリ概要
リリース予定日:2013年4月4日
予定価格:¥0+アプリ内課金
ショットガン、ピストル、ライフル、マシンガンなど武器の種類は30種類以上
各パーツごとの細かなカスタマイズ可能
全ての武器が360度視点変更が可能な3D表示
戦場はメトロステーション、セントラルスクウェア、イースタンポートの3つ
サバイバルモード
武器のコンプリート要素
ミッション
アチーブメント
Retinaディスプレイ対応

 

overkill2 007 overkill2 042 overkill2 038 overkill2 039 overkill2 036 overkill2 040

 

基本的な遊び方
左親指をドラッグして、武器を動かす(照準を合わせる)
画面右下の発射ボタンを押すor押しっ放しで敵を攻撃
リロードボタンで弾薬補給
救急箱などのアイテムボタンを押すとアイテムの効果発動
画面中に出現するアイテムを撃つと空爆、体力回復などのサポート効果発動
$やゲーム内通貨のOverkill Medal(OM)を使って武器の強化

 

overkill2 006 overkill2 031

 

解説
全作は未プレイなので、なんの先入観もないまま、「コードがあるからプレビューお願い!」と言われ、なすすべもなく遊び始めてみました。第一印象としては爽快感が強烈ということになります。遊び始めてものの5分程度で脳汁放出状態になります。あまりにスカッとするので、気付いたら1時間とかあっという間でした。携帯ゲームでここまで気持ち良く没頭出来るゲームもなかなかないと思います。敵を撃つゲームとはいうのは様々なバリエーションがありますが、タッチスクリーンではあまり操作性が良いとは言えないFPSやTPSを遊ぶより、これだけ単純操作で敵を撃ちまくれるガンシューティングのほうが相性が良いのではないでしょうか。

overkill2 002

ゲームそのものは単純な内容です。昔ながらの温泉街でいまだにひっそりと営業している射的をゲーム化したと言ってもいいくらいです。固定画面で遠近感を出すために、前列、中列、後列と線が引かれていて、その線上に敵が出現します。武器をカスタマイズしていない状態だと前列の敵は攻撃しやすいですが、後列の敵には攻撃が当たらなかったりします。ゲーム中に得た$を使って武器をカスタマイズまたは上位の武器を購入していくことで、攻撃精度を増していきます。

overkill2 001

メトロステーションから戦いが始まります。最初は拳銃片手に多勢に無勢で挑みます。メトロステーションのサバイバルモード、セントラルスクウェア、イースタンポートはランク(階級)を上げていかないと解除されません。常に3つのミッションが提示されるので、ミッションクリアしていくと、$やゲーム内通貨のOverkill Medal(OM)が貰えます。カスタマイズや上位の武器購入に必要なので、自分の好みに合わせて使っていきます。

overkill2 018

ゲームを優位に進めていくには各武器のパーツを強化していかないとなりません。サイレンサーをつけてみたり、弾倉を増やして乱射可能にしてみたりすることで楽々敵を倒せるようにしていきます。この辺はガンマニアの人にはたまらなさそうな機能です。全ての武器が3Dでモデリングされていて画面をドラッグすることで360度回転します。かなり詳細な部分まで見ることが出来ます。さらに戦場では致命傷となるジャミング(薬莢が詰まること)が発生したり、敵の催涙ガスで視界が揺らいだりと、リアリティーを追う傾向の強い海外のゲームならではといった演出も開発元のこだわりどころでしょうか。銃を撃った際の反動や薬莢が飛び散るところまで再現されていて、物理的に実感出来なくとも、リアルな撃っている感を感じることが出来る演出が施されていたりもします。「2012年初めから開発を開始」というだけあって演出面にも相当力を入れたのが伝わってきます。こんだけ撃たれまくったら普通即死でしょうというくらい撃たれても立ち続けるのがプレイヤーなので、そこはさすがにゲームです。

overkill2 016

リアリティーという面では血しぶきがすごかったり、敵が人間だったりするため引いてしまう人も多いとは思います。オプションで血しぶき無効にすることは出来ますが、ゲームの世界(というか虚構の世界)と現実世界の線引きが出来ない子供にとっては教育上よろしくないという類のゲームでしょう。無料ゲームなので、親に買ってもらったiPhoneやiPodがあれば子供でもダウンロード出来て遊べてしまうのはどうかとは思います。ただ、ゲームはあくまでゲームとして捉えることの出来る大人であればガンマニアであろうとなかろうと、ストレス発散や気分転換用としてのニーズはあるゲームになるかと思います。なんでもそうだと思いますが、作った側の責任もあれば、同様に利用する側の責任というものもあるわけで、遊ぶ方がきちんと分別をわきませて遊んでいれば一刀両断的に暴力ゲームにならないケースもあるはずです。

overkill2 029

実際に拳銃を撃ちたいとかいう欲求はありませんが、遊んでいてかなりの爽快感を感じられるものになっていると思います。FPSとかボタンのあるコントローラーで遊ぶならまだしも、タッチスクリーンだと操作が面倒という人でも気軽に楽しめてしまうでしょう。タッチスクリーンだからこそといったゲーム性と言えるかもしれません。空き時間に夢中になるのも良さそうですし、仕事で嫌なことがあった時の帰りに電車内で気軽にストレス発散または気分転換にも使い勝手が良さそうです。6PACさんが書いた前作のレビューでは「暇つぶしに向いている」ということでしたが、ツボにはまった時の中毒性は「暇つぶし程度」のものでは済まなくなる可能性があるのではないでしょうか。

overkill2 011

開発元のCraneballs Studiosから「ほぼ完成版だけど、また調整余地が残されているバージョン」という断りがあったので、最終的にどの辺を調整してくるかはわかりません。セントラルスクウェアでは背景が赤茶で血しぶきと近い色合いなので、敵が見にくかったり、体力メーターの陰に敵が出現したりと細かなところで調整が必要な部分も目に付きます。リリース日が4月4日ということなので、リリース日にでも改めてレビューを掲載したいと思います。フリーミアムとしてリリース予定ですが、課金の仕組みなどはまた後日ということでお願いします。ちなみにCraneballs Studiosの公式サイトでメルアド登録後、自動返信されたメール内のURLをクリックするとリリース後にMP 40が無料で貰えます。世界中でリリースされた後、「Gun Masterという名称のマルチプレイ対応やDrone Factoryというマップの追加を予定しています。」とのことなので、この辺も楽しみです。

関連記事:
Overkill 2:Appleの審査通過、CA/NZストアから先行リリース
更新:レビュー:Overkill

文章:Gee7



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top