Home > レビュー記事 > プレビュー > プレビュー:Journey to Hell

プレビュー:Journey to Hell

Bulkypixが明日リリースを予定している3Dシューティング、Journey to Hellのプレビューです。

 

 

Journey to Hell
アプリ概要

リリース予定日:2013年3月7日
予定価格:¥350
10レベル
サバイバルモードとハントモード
男キャラのガブリエル(Gabriel)か女キャラのレイチェル(Rachel)を選択
武器は30種類
高画質な3Dグラフィック
ストーリーモードはTPS、ハントモードはFPS
日本語対応

 

解説

IMG_1075

カジュアルゲームが得意なBulkypixですが、新作は意外にもコアゲーマー向けの3Dシューティングでした。まともな設定などの説明がないので良く分かっていませんが、主人公は日夜魔物と戦っている「ホーリーシールド」と呼ばれる秘密組織の一員のようです。主人公はいつものように任務を遂行中、かつてないほどの強大な魔物に出会います。悪の根源であるその魔物を倒すべく、敵と交戦しながら各地を旅するという流れになっています。

 

IMG_1055

日本語訳はかなりまともな部類で、ハードボイルドテイストのコミックスを満喫出来るのではないでしょうか。

 

IMG_1033IMG_1053

グラフィックに関しては、ディティールが細やかに描かれており、デザイナーの丁寧な仕事ぶりが伺えます。木造建築の壁の剥がれや、停めてある車の老朽感、エアダクトやブレーカーにいたるまで、ゲーム的な省略が少ないので非常に現実味があります。グラフィックだけでなく演出効果にも力が入っており、高速で走る列車上での戦闘などは見応えがありました。開発力こそ大手メーカーにはかないませんが、労力と創意工夫で補っているという印象です。

 

IMG_1076

ヘッドフォン推薦ということで試しに付けてプレイしましたが、確かに推薦するだけのことはあるようです。効果音が細かく設定されていて、例えば木造建築の床のきしむ音や、ブレーカーに近づくとその動作音などが聞こえて来ます。

 

IMG_1036IMG_1067

GabrielとRachelの2人の主人公はそれぞれ異なる能力を持ち、強化装甲やバレットタイムなどの特殊スキルを戦闘中に使用出来ます。

 

IMG_1035IMG_1042

アドベンチャーモードでは歩いていると突然空間が遮断され、魔物との戦闘が始まります。この辺りは閉鎖空間での戦いということで、Dead Trigger(レビュー)などのサバイバルシューティングに近い作りです。通常の戦闘もあるのでミッションのボリュームは異なりますが、きちんとしたストーリー展開がある1本道のDead Triggerと言えば分かりやすいでしょうか。敵の中には主人公の側面に回りこんで視界から外れようとする者もいるのですが、これが非常に嫌らしかったですね。雑魚キャラクターの動きのバリエーションなので見た目では分からないようになっています。他にも普通に進んだら非常に困難なルート分岐があったりもするので、3Dのシューティングゲームに慣れている人でないと厳しい部分もあるかもしれません。

 

IMG_1057

アドベンチャーモードをクリアする度に2つのゲームモードがアンロックされます。1つはお馴染みのサバイバルモードでが、このゲームのサバイバルモードはかなり楽しめると思います。Dead Triggerに比べて開けた地形が多く、砂漠、廃車置場などのバリエーションが多彩です。トラックの屋根などの高所から敵を狙い打つといった、位置取りを工夫しながら戦える余地があるのです。それに見て下さいこのモブの数。この手の3Dシューティングではかなりなものではないでしょうか。またミッション中にショートミッション的なものが用意されていて、制限時間内に倒せば貴重なアイテムを獲得出来るというのも退屈せずに遊べそうな要素だと思います。

 

IMG_1061

もう一つのトレジャーハントモードは主観視点の宝探しゲームです。制限時間内に目的のアイテムを全て探し出せばクリアとなります。こちらはどちらかというとオマケ的なものでしょう。

 

ちょっと気になったのは倒れている途中の敵からもダメージを受けてしまうという部分です。どうやら仕様のようですが、かなり違和感を感じます。他にもショップで弾を補給しておかないとミッション遂行不可能となっていしまいますが、これはゲーム中に購入出来た方が良かったのではないでしょうか。色々細かい部分では改善の余地はありそうなゲームですが、この手の当たり外れが激しい3Dシューティングの中では十分遊べる水準に達しているのではないかと思います。なにより課金圧力がほぼ無いに等しいので、理不尽な難易度に閉口せずに済みそうなのはうれしい点です。

関連記事:Journey to Hellのリリース日は3月7日と発表

文章:iHait



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top